もう少し借り入れをしたい。どこなら借りれる?

正社員など、定職についていない人はそれだけで消費者金融からの評価が低くなります。 ですので、アルバイトだけれどお金を借りることができたとはいえ、別のところでもっと借りたいとなると難しくなってきます。 消費者金融は貸したお金が返ってこないのを一番嫌うので、リスクが高そうな人には簡単には貸してくれないのです。 そもそもアルバイトですと、年収はせいぜい120万~180万円程度というところが平均的ですね。

総量規制という法律によって、借りれる金額は年収の3分の1と決まっています。年収が180万円であれば60万まで借りられるということになります。 これは、1つの消費者金融から借りられる金額が60万ということではなく、総合計で60万までということです。ですから、すでに60万円を借りてしまっている場合は、他のところで借りようとしても絶対に貸してくれません。 総量規制を超えたお金を貸し付けると、消費者金融が法律に違反してしまうからです。ですから、自分がいくら借りられるかというのはしっかり把握しておかないといけません。

仮にあなたが180万の年収だとして、実際に借入申し込みをして、初回から60万円貸してくれる可能性はかなり低いです。 すでに借入・返済実績があるなら別ですが、最初のお客さんとなると信用がさらに低くなり、10万~20万円くらいの貸出金額が相場です。 なので、仮に60万円どうしても必要というのであれば、あと2件程度、合計3社は金策に走らないといけませんね。

総量規制を意識した借入を

逆言えば、年収の3分の1まではお金が借りられるということでもあります。 アルバイトの人でも、消費者金融のことをちゃんと知ることで、借りることができます。 消費者金融はアルバイトでしか収入のない人には大きな金額を貸してくれないということもよくある話です。 60万円まで借りられるとはいえ、10万円までしか貸してくれなかったという例も多くあるのです。

しかし、最初に10万円しか貸してもらえなくて10万円借りたのであれば、まだ50万円は借りることは法律的に可能なのです。 もちろん、審査は難しいので確実に貸して貰えるかはわかりません。貸してもらえる消費者金融を選ぶことが大切になってくるでしょう。 ちなみに積極的に少額の融資をしてくれる消費者金融で有名なのはアイフルとプロミスがあります。アイフルには少額融資向けのメニューもラインナップされているので、アルバイトの人で2社目を探している人は借りやすいでしょう。

実際にバイト勤務で3社借りれるか?

これはかなり厳しい質問ですね。 借りれないことはないでしょう。 ただ、徐々に金額が減ってくるのは間違いないです。 例えば、1社目で20万借りれたら、次は10万、3社目になると5万というふうに、貸出額が減っていくのは目に見えています。

総量規制いっぱいまで借りれるというルールはありますが、実際に貸してくれるかどうかは、あなたの信用とカードローン業者の審査にかかってきます。 ただ、審査を受けてみるのは悪くないので、2社目で借りることができたなら、次を申し込んでもいいでしょう。 ただし、審査に落ちて借りれなかったとしても絶対に、闇金などの違法業者からは借りてはいけません。

このページの先頭へ