アルバイトの人は銀行でお金を借りられる?

一般的に銀行でカードローンを利用してお金を借りるのは、消費者金融の審査より厳しいとされています。
アルバイトの人も銀行からお金を借りることはできるのでしょうか?

大手の銀行に比べて、地方銀行や信用金庫といったところは少額のフリーローンがあるところが多いです。
そういったところは大手銀行より借りやすいでしょう。
しかし、条件が厳しい銀行ではアルバイトやパートの人は対象外ということもありますので、銀行のホームページなどで条件を確認してみましょう。

アルバイトが対象外と書かれている場合は諦めるしかありません。
ちなみに赤いマークでお馴染みの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などは、非正規雇用の人にもカードローン申し込みの宣伝をしています。
なので、手順としては、誰でも知ってるような大手銀行に先に申し込んで、それを落ちたら地方銀行や信用金庫などの、地方金融機関に申し込むというルートで申し込むのがベストですね。

金利のメリットは大きいが審査は厳しい

アルバイトの人でも大丈夫だったという場合でも、勤続年数は1年以上で、借りたお金の使い道を確認するための書類の提出、保証会社の保証を受けられるかといったように条件はかなり厳しいものです。
これらの条件をクリアすることさえできれば、銀行で借りることにはメリットがあります。
50万円以下の借り入れの場合、銀行で借りることができたら金利は10%以下ですみます。
消費者金融の場合、金利は18%になります。金利が安ければ返す金額も少なくてすみます。

また、銀行は返済年数を長く設定することができるので、余裕を持った返済プランもたてられます。
消費者金融よりも銀行で借りるという方が、気持ち的にも罪悪感が少ないと思う人もいるでしょう。
なんとなくイメージ的にはアコムで借りるより、りそな銀行で借りるほうが、堅実な印象がありますが、実体は利息がほんの数%違うだけで、あまり何も変わっていません。

借りることができる状態であれば、積極的に銀行で借り入れを検討していったほうがいいと言えます。
ただし、銀行から借りたい!ということだけにこだわって、消費者金融を避けるというのは、あまり得策ではありません。
銀行審査に落ちたら、消費者金融でカードローンでピンチを凌ぐ方法もあるということを、お忘れなく。
一概には言えませんが、銀行審査を落ちた人が、消費者金融やクレカのキャッシング枠で通るということはよくあることですので。

このページの先頭へ