日雇い・短期バイトは借りれる?

アルバイトは短期のものばかりしている学生はお金を貸してもらえるのか気になりますね。 工場勤務の軽作業、ガードマン、引っ越し、食料品売り場のマネキンさん、試験監督など。モデルやコンパニオンだって高給取りですが日雇い契約ですよね。

実際にそれで収入が安定してるか?というところが、借りれる借りれないの分かれ目だと思いますが、雇用の形に気をつけることで、借りることは可能になってきます。 短期バイトでも、派遣会社に登録して1日だけや短期間のバイト先に派遣してもらうという形であれば審査に通ることができるでしょう。派遣会社に登録していれば勤務先の会社名を書けますし、在籍確認も取ってもらえるからです。 大手消費者金融の場合は、50万円程度までなら収入証明は不要ですし、派遣会社に所属している年数(月数)が長いと、借りれる可能性はアップですね。

日雇い勤務の場合の切り抜け方

難しいのは派遣会社に登録しておらず、日雇いのバイトを転々としている場合です。 厳密に言うと、仕事をしていない時は無職になります。だから勤務先を書けないこともあるでしょう。 日雇いのバイトをあちこちでして月に25万円稼いでいたとしても、在籍確認がとれずに審査に通らないということもありえるのです。

ただ、その場合も諦める必要はありません。 フリーランスということにして、自営業だと名乗ればOKです。 自営業でも借入審査はありますし、審査に通過するとは限っていません。ただ、「無職」「勤務先なし」だと、借りれる可能性はゼロですから、それなら「自営業」というふうにしてもいいですよね。 その都度仕事が違っているというだけで、別段ウソをついているわけではありませんね。

派遣会社に登録していれば短期バイトでも借りれる

アルバイト派遣会社に登録していて、短期であちこちのバイトをしているのであれば、勤務先を派遣会社にできます。 派遣社員として扱われることができますし、給料も派遣会社から貰えるので収入証明書類の提出も簡単にすることができます。

ただ、さっきも書きましたが、収入証明は借入額が少ない場合は必要ないケースが多いです。 それよりも、派遣元にちゃんと履歴書が残っていて、総務や人事に在籍確認の電話連絡が入った時、適切な応対をしてもらえるのがありがたいですね。 なので、派遣会社に登録した形のアルバイトであれば、短期の仕事ばかりをしていてもお金を借りることは可能と言えます。 きちんと書類を提示できて、在籍確認もとれれば、最短で即日での融資もしてもらえるでしょう。

このページの先頭へ