いくらまでお金を借りることができるのか?

アルバイトの人がいくらまでお金を借りれるかは、その人によって違ってきます。 まずちょっと難しい話をしましょう。 これは総量規制という法律により、年収の3分の1までしか貸してはいけないと定められているからです。 2006年に貸金業法が改正されました。その時に定められたものの1つに総量規制があります。 貸金業者が貸し出せる金額の上限は、借りる人の年収の3分の1までと決めたものです。 たくさん貸し付けて無理な借金を背負わせたり、借り過ぎてしまって破産してしまうということを防止するための法律です。

この法律ができる前は年収が200万円の人が200万円を借りるということも可能でした。 200万円の収入の人がその全ての金額を借りてしまうと、発生した金利の分は収入の内で返せません。 このことは想像するに容易いですよね。 その分、また別のところで借りたりしなければいけなくなります。 そうするとどんどん借金は増えるばかりになってしまうのです。 規制しないと、どんどん破産者を作ってしまう。そういう経緯があって、借りづらくしたわけです。

総量規制枠と実際に借りれるかは別問題

総量規制ができてからは、年収が200万円の人は約66万円までしか借りることができなくなりました。年収の3分の1ぐらいまでの借金であれば、収入の内で返済ができるだろうと国が判断したのです。こうした法律によって、キャッシングは安全に利用しやすくなりました。 年収の1/3までの借入なら、返済できるだろうという算段ですね。

アルバイトで毎月10万円稼いでいる人の年収は120万ですから、40万が借りられる限度額ということになります。1つの消費者金融から10万円借りたとしても、あと30万は別の会社で借りることができるということになります。 ただし、3社目のカードローンのページでも伝えましたが、枠があるからといって、借りれるかどうかは別問題です。 また、件数が増えるたびに、貸出してくれる金額が減っていくのが通常なので、その点も考慮しないといけません。

銀行カードローンや信販系クレジットも利用できるが

総量規制というものは貸金業者だけに適用される法律です。 住宅ローンなど、年収の3分の1以上のお金を貸してくれる銀行は貸金業者ではなく、銀行という業種になるため総量規制の対象外になっています。

なので、年収の3分の1以上のお金を借りたい場合は、銀行のフリーローンなど銀行系キャッシングを利用すれば融資してもらえるかもしれません。 とはいえ、銀行系のカードローンは、通常消費者勤務よりも金利面で優遇されているため、見た目にはお得ですが、審査は厳し目です。バイト勤務の人には厳しい現実が待っているかもしれません。

それで言うなら、クレジットカードのキャッシング枠のほうがまだ審査は易しいかもしれません。 ライフカード、ジャックスカードなど、信販系は消費者金融と銀行系カードローンの中間くらいの難易度だと思っていいでしょう。こちらも総量規制対象外です。

最後に、クレジットカードショッピング枠も総量規制対象外です。 その仕組みを利用して、ショッピングの現金化などを勧める業者もいますが、その行為自体が違法にあたり、カード会社にバレると、全額返済を請求される可能性もありますので、絶対に利用は辞めましょう。

このページの先頭へ