融資を申し込む前に

お金を借りることを希望しているのは、正社員として働いている方だけではありません。アルバイトやパート、契約社員や派遣社員など、いわゆる非正規社員と呼ばれている方々も、お金を借りる必要が出てきて、工面しないと行けない場合があります。

むしろ、そういった非正規雇用の人のほうが収入が低いため、借りる機会が多いかもしれませんね。 ここでは、非正規社員の方々がお金を借りることができるのかどうかについて見てみましょう。

まず、これらの職業の中で、アルバイト、パート、契約社員については、金融機関からお金を借りるために審査を受けることができます。 この場合は、毎月入ってくる収入があるという条件を満たしているので、申込は問題なくできるのです。実際に融資を受けることができるかどうかについては、審査の結果次第で異なってきますが、特に何か融資を受けるにあたって問題がなければお金を借りることができるケースが多いです。

利用可能金額については、本人の年収、既にある借入金額、トータルでの返済能力など、様々な点が加味された上で決定します。 しかし、派遣社員の場合は話が変わってきます。派遣社員の中にも、長期的に同じ企業に派遣されるケースと、スポット的に1日限りなどで働くケースとありますが、前者の場合は安定した収入があるとみなされるので金融機関への申込ができます。

しかし、後者の場合は収入が毎月入ってくるとも言えないので、審査を受けることはおろか、申込すらできないのです。ただ、他に何か収入源があれば、申込が可能になります。

現在無職・転職活動中の借入について

今すぐにでもお金を借りることがどうしても必要なのだが、無職だったりあるいは転職活動中の場合、「お金を借りることは可能なのだろうか」と疑問に感じてしまうものです。

アルバイトをしていて辞めたばかりだ。現在仕事をしていないとなると、特にお金が必要ですよね。 もし普通に何かのお仕事をしているのであれば、そのまま金融機関からお金を借りるための審査に移って問題ないですが、そうでない場合は話が違ってきます。 では、もし無職だったり、あるいは転職活動中の場合は、ほとんどの金融機関で条件を満たさないことになります。

というのも、これらのケースに該当する場合は、毎月安定した収入が入ってこないので、返済の時にどうしても困ってしまいます。 そのため、審査に申し込む段階で断られてしまうことになります。

では、このような方々は、金融機関を利用してお金を借りるチャンスがいつまでも巡りめぐってこないのでしょうか。実はそんなことはありません。 仮に金融機関に申し込む地点で職に就いていなくても、将来的に何か職に就くことができ、そしてその後に安定した収入を得ることに成功すれば、その時に改めてローンやキャッシングなどに申し込むことができるのです。 例えば、つなぎの意味で、派遣バイトに登録するというのも方法のひとつです。

もちろん、その時は改めて審査を受けることになりますが、少なくとも職が決まっていないうちに申し込むよりは、だいぶ有利になるのです。 今すぐお金を借りる必要がある時は、どうしても気持ちに焦りが出てくるものですが、決してあたふたしないことが大切です。

このページの先頭へ