職場に在籍確認の電話がある。バレないだろうか?

消費者金融でお金を借りる時には必ず審査があります。 その審査の中の1つに、在籍確認といって職場に電話をかけるというものがあります。 申告した職場にちゃんと務めているかという確認のための電話です。

架空の職場を書いて働いてないのにお金を借りようとすることを防止する意味があります。 これはアルバイトだったとしても、必ず職場に電話をかけます。 消費者金融から電話をかけられて、借金しているのがバレたら嫌だなと不安になる人も多いかもしれません。

普通、消費者金融からだとバレるような電話のかけ方はしません。お金を貸す側もアホではありませんからね。 電話がかかってくることを嫌がられないための配慮はしてくれます。 消費者金融だとは名乗らずに、個人名で電話をかけます。 在職しているということがわかればいいからです。つまりその電話に本人が出るかどうかというのは、関係ないということです。

自分に電話がかかってくること自体が怪しい

ただアルバイトだと、個人に用事があって電話をかけてくるということは少ないですよね。 そんな中で突然自分宛てに電話がかかってきたら、もしかしたら在籍確認?とバレてしまう可能性もあります。 消費者金融側は個人名は名乗りますが、別の会社や家族だと偽ったりということは法律違反になるのでできません。そういうことをこちらから依頼することもできません。 頼んで嘘をついてもらうことはできないのです。

お金を借りる時には電話確認をしなければ借り入れはできません。 消費者金融の担当者は手馴れていますからバレないように気を使ってはくれますが、職場に絶対にバレないという保証はないと心得ておいた方がいいでしょう。 バレないためのノウハウについては、以下で紹介します。

職場にバレないためのテクニック

1)できれば自分で電話に出る
職場にかかってきた電話を自分でとることができれば、バレる可能性はぐっと減ります。 そのテクニックは、消費者金融に電話をかける時間帯を指定することです。 自分が働いている時間に電話をかけてもらって、自分で出れば、本人がそこで働いているとすぐさまわかりますし職場の人にもバレません。

2)クレカを作ったと同僚に言う
アルバイトだと電話にでる権限がないという職場の場合は、どうすることもできませんので会社に任せるしかありません。 「電話があったが誰が?何の用だったんだ?」と聞かれたらクレジットカードを作ったと言いましょう。クレジットカードをつくる時に在籍確認の電話をかける場合もありますので、嘘をつくことにはなりますが、消費者金融からの電話だということは知られないでしょう。

このページの先頭へ