水商売勤務は金融業に嫌われる?

キャバクラ、スナック、風俗店といった風俗業界、いわゆる水商売をしている女性でもキャッシングは可能です。 しかし、水商売は残念ながら社会的に信用度は低いです。 これは職業的な差別ではなくて、退職率が他の職業に比べて飛び抜けて高いからですね。 仕事を辞める=収入が途絶える、ゆえに借りた金が返せないとなると、貸した側は泣きを見ますからね。

もちろんあまり安定している職業とみなされていないという部分もありますが、バックレや飛んじゃうなど、突然連絡がとれなくなる人が多いという現状があるからです。

とはいえ、どんな仕事であれ定期的な収入がしっかりとある場合にはお金を借りる資格はちゃんとあります。 だいたいの目安ですが半年以上は働いていてきちんと収入があれば問題ないでしょう。 あと、収入にあまり大きな変動がないというのも重要ポイントです。

今月は店から表彰されて100万だったけど、来月は客のツケをかぶって10万だった、なんてかんじだと、お金を貸すほうは、「いつかゼロになるんじゃないの?」と疑いたくなりますよね。 また消費者金融によってはレディースローンといって、女性向けのメニューもあります。 専業主婦向けの枠なども設けていて、こういったものは女性が審査に通りやすくなっています。 女性と言えば、銀行系のカードローンを借りる人が多いですが、意外に消費者金融のほうが審査は難しくありません。なので収入があるならアコムやモビットなどから申し込んでみるのがベターです。

勤続年数だけ気をつければ問題なし

1つのお店で長く働いていれば問題ありませんが、水商売では1つのお店で長く働いている人が少ない傾向があるのも確かです。 このように1つのお店での勤続年数が短いと審査に通りにくくなってしまうでしょう。 逆言えば、1つのお店で長く働いていれば借りる可能性はぐっとアップします。

これは裏ワザですが、店長やお店のスタッフに口裏をあわせてもらって、長く勤めていることにしてもらうというのはアリですね。 カードローンの場合は、在籍確認の電話連絡がほぼ間違いなくあります。 その時に「お願い!3年勤務していることにして♪」と、店の人にもしお願いできるなら、審査通過率は劇的にアップです。

もともと、水商売は収入が高いことが多いですから年収も多くなります。 そうなると借りられる限度額も増えます。まずは、最初の審査を突破できるかどうかにかかってますね。

会社名で申し込むことも忘れずに!

風俗で働いているならば、多くの職場でダミー会社がおかれていると思います。 普通の会社に勤めているかのようにカモフラージュするためですが、借り入れの申請にも利用できます。 嘘の会社ではなく、きちんと登記されたものですし、在籍確認においても都合が良いといえます。
なので、借入の時はお店を実際に経営している会社の名前を出すことを忘れないでください。

このページの先頭へ