無職だった人でもアルバイトを始めたら審査に通る?

20歳以上で定期的な収入があるということが、キャッシングのための最低条件です。
さらに、総量規制という法律(貸金業法)によって、借りれる金額は年収の3分の1までと決められています。

仕事をしていない人は定期的な収入も無ければ年収もない状態ですから、お金を借りられる可能性はまずありません。
消費者金融からしても、収入がなく返済能力がないであろう人にお金を貸すというリスクはわざわざ負わないでしょう。貸すだけ損をしてしまいます。

自営業だから無収入というのは厳しい

会社勤務はしていない。自営業だから現在無収入なんです。
それで、カードローン審査に通りたいという人がいますが、それもかなり苦しい。
自営業は確かに名乗った時点から、自営業者にはなれます。
でも、肝心の収入がありません。
年収欄にウソを書くのは絶対ダメですしね。
在籍確認の電話があった時点で、かなり怪しまれます。
なので、少しでもいいから実際に働いて収入を得ているという勤務実態が必要になってきます。

最低半年くらいは働かないと借りれない

お金を借りたいからアルバイトを始めれば、カードローンでお金を借りることは可能になるかもしれません。
アルバイトをするということは、毎月収入があるということになります。
アルバイトをはじめて直ぐに10万円のお給料をもらい、それからすぐにお金を借りる申し込みをしても借りられる可能性はあるでしょう。

しかし、さすがにかなり低い可能性です。
そもそもアルバイトという雇用形態の人は、消費者金融からの評価が低いです。
それに加えて、勤続年数が1ヶ月ではさらに評価は下るからです。
アルバイトが長く継続する人ではないかもしれないと判断されてしまうのです。

例え1ヶ月10万円の収入があり、年収にすれば120万円になったとしても、勤続年数が少ないと借りにくいということです。
最低でも半年はバイトを続けているならばそれほど低い評価にはならないでしょう。
それならば、少額のキャッシングメニューなどであれば借りられる可能性はより高くなるでしょう。

逆に言えば、派遣バイトで登録期間が半年くらいあれば、実際には無職期間があっても、審査の対象になることはありえます。
なので、もしお金に困っているというのであれば、とりあえずはフルキャストのような派遣型バイトにひとつくらいは登録しておくことですね。

このページの先頭へ