キャッシングの審査に落ちてしまった理由はアルバイトだから?

定職についている人に比べてしまうと、やはりアルバイトの人は審査に通りにくいのが現状です。 「収入が低い」イコール社会的に信用が低いというのが世間の図式ですからね。 消費者金融にも信頼されてないということになりますね。

貸す側は返して貰わなければ損をするだけです。とりっぱぐれ、貸し倒れは会社経営の危機につながります。 なので、返済能力が低いと判断されてしまうと審査が通らないのは仕方ありません。 審査が通らなかった理由はいくつかあるでしょう。 以下、アルバイト勤務の人が借入審査に落ちるよくある理由ベスト3です。

1.勤続年数が短かった
いまのアルバイトをはじめて間もない頃だと審査に通りにくくなります。 すぐにやめてしまって(やめさせられて)、返済能力のない状態になってしまう可能性もあるからです。 最低でも半年、できれば1年以上は同じところで働いていることが望ましいでしょう。 3ヶ月ほどで職場を変えている人は厳しいと言えます。

2.信用情報に問題があった
クレジットカードの支払いや携帯料金の滞納や遅延、未納などが過去に感度もあると、信用情報に事故として載せられてしまいます。 審査の時、必ず信用情報に照会して、過去に問題があるかないかを調べます。 そこで、過去に滞納が多かった人などはまた滞納するかもしれないということで審査に通りにくくなります。 これは、アルバイト勤務かどうかという部分とは関係ありませんが、確実に審査に落とされる要因になります。

そもそもアルバイトというのがダメだった
そもそもアルバイトという雇用形態の人は、それだけで評価が低く審査が難しくなります。審査が厳しいところでお金を借りようとしたら審査に通りにくくなるでしょう。 ちなみに、公務員のようにクビにならない、収入がある程度保証されている人ほど評価は高くなります。

職業的に不利に働く場合もある

いかがですか、あなたに思いあたるフシはありませんか? あと、言い難いことですが、職業的に社会的信用が低いというのも落とされる原因のひとつです。 自営業、水商売、フルコミッションの営業、あと意外なところでは外資系企業(年俸制)というのも借りれないことがあります。 芸能人なども年収数千万でも、ローンが組めない、クレカが持てないという人も多いですからね。 その場合はある程度信用が積み重なるまで長く勤務する他ないですね。

このページの先頭へ