バイトしてればお金を貸してもらえるのか?

学生といっても一人暮らしをしていたりするとお金がどうしても必要になる場面があります。遊ぶお金だけではなく、就職活動にかかる費用や医療代といったものだってアルバイトでまかなっている人も多いでしょう。 光熱費といった生活費は親が払ってくれていたり、仕送りがあったりするかと思いますが、都合で親からのお金が遅くなってしまった時なんかはピンチですね。

支払いの期限までにアルバイト代ももらえない状態だったりしたら、誰かにお金を借りなくてはいけません。しかし、信頼上の問題から友人同士であまりお金の貸し借りはしたくないものです。借りることができるなら消費者金融で借りれたら一番ですよね。

以前は、消費者金融は学生にはお金を貸してはくれませんでした。返してもらえないリスクも高かったですし、学生にお金を貸すという社会的理念も考えていたからです。 けれど、総量規制ができてからは顧客の数を増やさなければいけない事態に陥ったため、20歳以上でアルバイトをしているといったような条件の上で、学生相手でもお金を貸すようになりました。

総量規制が制定される前までは、年収600万円の人には400万円貸しても問題がなかったのですが、総量規制ができてからは年収の3分の1、つまり200万円までしか貸すことができなくなったのです。消費者金融はお金を人に貸さなければ商売になりませんので、貸せる金額が減った分、貸す人を増やさなければいけなくなったのです。

親にバレる心配をしなくても大丈夫

最近では学生向けのキャッシングメニューや業者もあります。利用を検討している学生さんはそういったものをみてみるといいと思います。 学生だからといって、保証人が必要ということはないので親に電話をされたりすることはありません。家族にも知られずにお金を借りることができます。

しかし、実家に住んでいる場合には注意が必要となります。インターネット経由で申し込みをした時は、その日か次の日に口座にお金を振り込みして貰えるでしょう。しかし、後からキャッシュカードが送られてくるのです。家族が自分宛てにきたキャッシュカードを見てしまったらバレてしまうかもしれないというリスクがあります。それだけは注意が必要です。

このページの先頭へ